BLOG

こんにちは、スタッフの松永です。

ファブラボ太宰府での日々の出来事を3回に分けて書いていこう!その2です。

内容は3DプリンターとUVプリンターに関するものです。

① Ankerが3Dプリンター発売したからどんなもんか触ってみた件

所感
・ものすごく組み立てやすかった。
・自動レベリングはありがたいものの、都度生じる待ち時間がじれったかった。設定で回避できるのかな?
・正直なところ、出力中の駆動音がうるさいので印刷速度は落として使った方がよいかも。

結果
・どこまでを求めるか次第だが、きれいに出力したい場合は調整が必要。
・印刷速度が早いから大物を出力する際は便利。
・この価格帯なら、2024年現在なら別のメーカーがいいのではないか…

というのも一般向けの3Dプリンターは、各社新製品を出しており群雄割拠な状況にあり、全く初めてで購入を検討している方は選択肢が多すぎて選べないのではと思っています。

購入したいけどどれ買ったらいいか迷ってる方や買ったけど使えてない、使いこなせていない方は相談会をやっているので、申込いただけたらと思います。

相談会のお申し込みは →コチラ

②UVプリンターと3Dプリンターを絡めた実験

・TPUを150*150*0.5mmのシート状に印刷したものにUVプリントしてみた。
 シート状の素材として、なにか面白いことに使えるかもしれない。

・PLAを100*100*0.5mmのシート状に印刷したものにUVプリントしてみた。発色良好。

・ついでに木材(銘木の端材)にUVプリントしてみた。
 そのまま印刷したが、研磨等下地処理をきちんと行った上でプリントすれば
 杢を活かした一点ものになりそう。

こんにちは、スタッフの松永です。

ここ最近のファブラボ太宰府での出来事を3回に分けて書いていこうと思います。
1回目は、地域との取組に関する内容です。

① 実は一昨年より、太宰府市様からのご依頼で文化財の複製を一部担当させていただいております。
・納品した鬼瓦と仏様は昨年、文化ふれあい館様で行われたイベントの一部で使用されました。
・イベント当日は会場内でデモ展示も実施しました。
・光造形タイプの3Dプリンターとエキマテ(レジン)の組み合わせは、運用上とても相性がよかったです。

②これまた一昨年より、太宰府中学校様の授業に一部協力させていただいております。
・先生が生徒に3Dモデリングをレクチャーし、生徒がモデリングしたデータの微修正と出力を担当しています。
・今年のテーマは「箸置き」とのことで、この件も光造形3Dプリンターとエキマテ(レジン)の組み合わせで出力を進めています。
・発想が豊かで実に面白いです。

光造形3Dプリンター?エキマテ?という方も多くいらっしゃると思いますので、これらについては別の記事にまとめようと思います。

年末年始の営業について

年内は12月29日(金)まで、新年は1月5日(金)からの営業を予定しております。
どうぞよろしくお願い致します。

ファブラボ太宰府スタッフの松本です。

アパートやマンションのドアでよく見る、あのレンズのようなもの。

本来は室内から来客者を確認するためのものなのですが、実は特殊な方法を使えば

外からでも中が見えてしまうのをご存じでしょうか・・・。

普段は外から見えなくしつつ、来客があったときには外を確認できる。

そんな機能を目指して制作していきます。

 

まずはillustratorでカット用のデータを作成します。

実際にカットしたものがこちらです。

このパーツたちを接着剤でくっつけていくと・・・

可愛いフクロウができました。玄関の飾りとしても良い感じなのですが、顔の部分を回すと・・・。

なんと中からドアスコープが見えるんです。フクロウの首を傾ける動きから着想を得ました。

これで普段は室内を隠しつつ、自分が見たいときだけ外を見られるようになります。

ちなみに、色を塗ったらより可愛くなりました。玄関が少し明るくなった気がして良いですね。

仕組みとしては、フクロウのおでこの部部に丸い棒を挿していて、それを軸に回転するといったものです。

顔の下には丸い穴が開いていてこの穴からドアスコープが見えるようになっています。

 

このように、思いついたアイデアをすぐに形にできるのがレーザーカッターの面白いところですね。

他の動物をモチーフにしても作れると思うので、たくさんバリエーションを増やしていきたいです。

 

 

 

ご挨拶

news . 2023.04.14

はじめまして!4月からファブラボ大宰府のスタッフになりました、松本啓汰です。

レーザーカッターなど様々な機材の扱い方を勉強中で、ものづくりの楽しさを日々実感しながら

制作と勉強に打ち込んでいます。特にレーザーカッターはできることの幅がとても広く、お気に

入りの機材になりました。

上の画像は私が初めてレーザーカッターで立体に挑戦して制作したものです。

花弁を付け替えることができるようになっていて、気分によって違う花にすることができます。

こういったカスタマイズなどで、オリジナリティのあるものを作れるのがレーザーカッターの

良いところだと感じました。

 

これから沢山の知識や技術を身に着けて、さらに面白いものを作れるようにがんばりますので

これからよろしくお願いいたします!

ファブラボ太宰府スタッフのMです。
今日はシルバーアクセサリーを作るために3Dプリンタで試作品を作ります。

 

データ作成

TINKERCADという無料ソフトでデーターを作ります。
あらかじめ四角や円柱などの素材が準備されているので、それを組み合わせていくだけの子供でも使いやすいソフトです。
銀粘土でいきなり作るよりもじっくり形を考える事ができます。

 

出力

できあがったデーターを3Dプリンタで出力。
この時点で思っていたより大きかったので再度データーを作り直しました。

 

型作り

今度は思った感じで出力できたので、これで型を作る事にしました。
型取りに使うのは「ブルーミックス」という型取りパテ。
青と白のパテを混ぜ合わせると硬化がはじまるので、固まらないうちに3Dプリンターで出力したものを埋め込んで固めます。

 

できあがった型に銀粘土を詰めて固めて取り出した所。↓

うん・・・ちょっとできあがりがガタガタ。
作ったものが小さすぎて3Dプリンターで出力したもの自体がつるつるにはできていないのが原因です。
このまま型として使ってしまうと、固まった銀粘土をきれいに成型する手間が毎回かかってくるので、3Dプリンタで出力したものを磨いたあと再度型取りすることにしました。

 

磨き終わり。キレイになりました。↓これで型を作り直しますが再度ブルーミックスで型作る写真と再度それに銀粘土詰める写真は撮り忘れました。

 

 

型から抜いて微調整

型に入れて固めた銀粘土を取り出し、スポンジやすりで少し磨いた所です。
たくさんのロボにちょっとテンション上がります。

 

焼成

できあがったロボットたちを七宝焼き用の窯に入れて900度になるまで焼成するとシルバー100%になります。

 

磨き

焼きあがった直後は白いのですが磨くとピカピカのシルバーになりました。
型を作ったおかげで、たくさんのロボットたちができました。

 

銀粘土は乾くのが早く、形を作るときに時間をかけられないので今回のように3Dプリンターであらかじめ試作する事で大きさの感じや手足のバランスなども確認できて作業がとても楽になりました。また、それを使って型を作る事で同じものをたくさん作る事もできました。

学生アルバイトの三島です。

今年の3月、グッデイ唐津店リニューアルオープンに合わせて製作した「イカベンチ」(下画像)
好評だったと聞いて安心していたのですが...裏では、大量の端材が出て困っていました。

 

それがこちら。
ShopBotを使ってリング状のパーツを切り出したため画像のような何とも言えない形の部材が大量生産される事態に。

3月以降ずっと作業場に放置されていた端材たち。
これらを捨てるのはもったいないので再利用することにしました!

 

デザイン

今回作ることにしたのは、座面に端材を使った、イカベンチのミニverとも言える形のスツールです!
さらに、座面の構造はスチールパイプと寸切りボルトを通して支えにし、3Dプリンターで作ったスペーサーをはさんでナットで締めるという設計にしました。
(座面の設計は少し複雑になったので後で写真とともに詳述します。)
shopbotだけでなく、3Dプリンター等様々な機械や材料を使う試みです。

 

次に、MDF&レーザーカッターで模型を作ります。いい感じ!
長時間座る用途ではないこととシルエットを意識して高さは500mmと少し高めの設定にしています。

 

データ作成&加工

 

1. 足のパーツ

足のパーツは新しく作る必要があるので、Vcarve proでshopbot用のデータを作成します。
イカベンチの時を考えるとそんなに大変じゃなかったですね。

 

データを作ったらshopbotがサクッと切り出してくれます。

 

2.座面

座面に使う端材もも少し加工をします。パイプを通すための穴や持ち運び用のスロットをボール盤で開けていきます。

足パーツを含めた各木材は、ベテランスタッフが製作したルーター台を使って角を取ります。

まだやすりをかけてないのにこんなにきれいに仕上がるんですね!
さらにやすりをかけてつるツルツルに仕上げます。

 

3.スペーサーの3Dデータ

fusion360でスペーサーと両端のキャップのデータを作ります。
(キャップはいくつかのパターンを検討していますね・・・)

 

4.ボルトの支え

細かいですが、パイプ内でボルトを支えるためのこちらの部品はレーザーカッターで製作しました。

 

組み立て

全てのパーツが揃ったら組み立てです。
パイプに木材とスペーサーを交互にはめていきます。

両端は画像のようになっています。
パイプの中にボルトを通して、金属スペーサーとナットで両端からしっかり締め付けます。
最後に、はみ出したボルトにねじ付きのキャップを付けたら完成です!

 

完成!

今回は余った端材を活用して新しいスツールを製作しました。
3Dプリンターを取り入れたことで生まれた、黄色のアクセントが気に入っています。

まだ端材はたくさん余っているので、これを量産するか、新しい作品を作るかさらに進めていきたいと思います!

こんにちは。ファブラボ太宰府スタッフのMです。

ファブラボ太宰府で使用しているレーザーカッターでは「ハニカム」と呼ばれる台を使用するのですが、これにヤニ状の汚れが蓄積されていくので、時々掃除が必要になります。これがやっかいでどんな洗剤を使えば一番いいのか毎回試行錯誤しています。
アルカリ性の強い洗剤だとキレイになりそうなんですが、素材がアルミなのでアルカリ性の強い洗剤だと変質してしまいます。

それで今回使ってみた洗剤はこちらいや、これハンドソープ。洗剤じゃない・・・

なぜこれを使ってみようかと思ったかというと、「偶然蛇口にかかった時に他のどの洗剤よりも蛇口がピカピカになった。魚グリルのトレーもピカピカになった」という情報を入手したからです。「弱酸性ビオレー♪」というコマーシャルがあるのでアルカリ性ではなさそう。弱酸性の物をアルミに使っていいのかどうかよくわからないけど、とりあえずやってみます。少なくとも手には優しいはず。

プシュプシュしながら手袋をした手で伸ばしていきます。泡状なので長くとどまるのはかなり良いです。塗っていく途中からどんどん汚れが浮いて茶色の泡になっていきます。

意外と楽しく作業しています。全体が泡に覆われるくらいプシュプシュしました。

目が細かい方のハニカムにも塗りました。すでに泡が相当汚くなっています。このまましばらく放置します。

放置したあと、今度はお湯を足してまたしばらく放置しました。
面白がってジャブジャブしてたら泡風呂のようになりましたが、まるで環境にやさしくなさそうなので写真は控えておきます。
普段はここでブラシを突っ込んで長時間こするんですが、今回は短時間で終わらせました。

最後に水で流して終了です。

「全然キレイになってない・・」ように見えますが、これでも結構キレイになっています。本当です。

(拡大した画像)
ブラシでもっと磨いたらもっときれいになりそうでした。

結論としては、いつもの洗剤と変わらないくらいにはキレイになるようです。
ですが、いい点がありました。手荒れしませんでした!!!!
毎回手袋していても時々破れたり洗剤溶かした水が中に入ったりして結構手荒れしていたのですが さすがハンドソープです!
翌日になっても全く手荒れした感じがありません。この点はかなりいいです。

 

さて以上で今日の実験は終了です。

正しい使い方ではないと思うので、蛇口とか磨いてみたい方はあくまでも自己責任でお願いします。
泡ハンドソープの購入はぜひホームセンターグッデイで!(知らない人もいるかもしれませんが、ファブラボ太宰府はグッデイが母体です)

 

 

 

イカベンチ 製作記録

news . 2022.03.03

はじめまして。学生アルバイトの三島です。
長くなってしまい、読みにくいかもしれませんがご了承ください。

さて、今回は「ワトコオイルを塗ってみる」で製作中だったベンチが遂に完成しましたので、その制作過程を紹介します!
家具作り初心者の学生がshopbotを使って作ったベンチ製作の記録です。
周りのスタッフの方々に助けてもらいながら作りきることができました。
難しいところ、大変なところも素直に書いていこうと思います。

 

概要

 

今回製作したものは、shopbotを使ったベンチ、通称「イカベンチ」です。
Gooday唐津店の改装オープンに合わせて、店内に設置するベンチの制作依頼を受け制作しました。
最終的には画像のような、丸みのある座面が特徴的なベンチが完成しました。

何が”イカ”ベンチなのか疑問に思っている人が多そうですが、次のデザイン検討で説明していこうと思います。

 

デザイン検討

 

「shopbotを使って面白い形のベンチが作れないか。」
依頼者からの要望を受け、人の手では難しい有機曲線を使った造形を考えていきました。

ここで一つアイデアのきっかけとして出てきたのは「唐津=呼子のイカ」というイメージ。
イカにちなんだ形にしてみるとおもしろいんじゃないかとアイデアを膨らませていきます。

スケッチやMDFとレーザーカッターを使った試作を見て、他のスタッフの方と共に検討しました。

ここで学んだことは、「実現可能か」という観点。
大学でデザインは学んできましたが、木工初心者としては耐久性や組み立て方の感覚がなく、たくさんの指摘をもらいました。
振り返ると、画像右上のイカなんてよく作ろうと思ったなと自分でツッコミたくなりますね(笑)。。。

検討で決まったデザインは、これ、

木の輪っかが連なって座面を作っています。この断面が何かというと、そう、あれです。
「イカリング」です。
由来を聞くと急に庶民感が出て親しみやすくなった気がするのは僕だけでしょうか。

そんなことを考える暇もなく、次は設計です。
上述したように、デザインを「実現させる」ため、考えなければいけないことは山積みです。

 

設計

設計で考えた点は大きく2つ

1.耐久性

2.組み立て方

 

1. 耐久性

今回のベンチは、公共の場に置かれるため十分に安全を確保しなければなりません。
有名なデザイナーズチェアを参考にしてはいけないんですね。
今回のデザインでは、リングを固定する梁の太さを調整したり、足を座面で支えるなどの工夫をしています。

2. 組立て方

shopbotは、はめ合わせを簡単に作れるため、基本的にはボンドとビスで固定していきます。
(実は木材の固定はボンドで強度を持たせているらしいです。ビスは材を締めるだけで強度として計算しなそうです)
複雑な形状になると、打ちやすさや見た目の点でビスの打ち方が難しくなります。またどれだけ簡単に組めるかも重要な観点です。

最終的に作る事になったデザインの模型↓

そうした検証を経て、設計データとshopbot用のVcarbデータを作成します。

フィレットをかける数が多すぎてめんどくさすぎる。。。
データ次第で成功失敗が決まるので、データ作成から緊張します。
何度も見直して、いざ、shopbotの加工に移ります。(ちゃんと後で部品が一つ足りないのが発覚します。)

 

shopbot加工

機械で部品をどんどん切り出していきます。

どんどんどんどん。
出来上がったパーツに一つひとつヤスリをかけてバリを取っていきます。
ベンチを4つ作るので、リングだけで76枚。作業量が尋常じゃありません。

今回のために、ベテランスタッフがルーター台を制作しています。すごい…!
これによって角を取る作業効率がぐんと向上します。

あとは、以前紹介した、ワトコオイルを塗り組み立ての準備が完了です。
本当に部品は少ないに限ります。あと曲線があるとヤスリが倍きつくなります。
デザインと製作しやすさどちらを優先するべきだったか、後悔と葛藤を感じました。

手伝って頂いたスタッフの皆さん本当にありがとうございました。

 

組み立て

実際に組み立てていきます。
梁に一つ一つリングを通して、固定するという地道な作業。

単純な構造ですが、これを一つひとつビス止めするのがとても大変。斜め打ちもあり技術も求められます。
二人で作業して、一つ2時間半ほどかかりました。

ですが、懸念していた強度は十分に出て、安心して座れるものになっています。

組み立てが終わると、最後に仕上げをします。
公共の場で多くの人が使うベンチになります。
棘がないか、引っかかるところがないか調べて、丁寧にヤスリをかけて完成です。

 

完成!

 

モノとして出来上がると圧巻でした。
頭の中で考えていたものが実物になると本当に感動します。

丸いくてかわいいフォルムはもちろんですが、中を覗いたときに見える曲線が並ぶ様が個人的には好きですね。

 

最後に

今回の制作は依頼されたものではありますが、自分が好きなデザインを作らせていただきました。
そして、結果としてとても満足のいくものが出来上がったと思っています。

しかし、このベンチはスタッフの皆さんの力添えがなければ決して実現しませんでした。
家具作り初心者として、素材や強度、加工法など知らないことばかりで、多くのことをスタッフの方々から学ばせていただきました。
自分が作業ができないと作業を進めていただいたこと、この場を借りて感謝申し上げます。

今回のように、ファブラボ太宰府にはものづくりに関してプロのスタッフがいます。
「何か作りたものがあるけど作り方がわからない」という方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

ファブラボ太宰府では実際に30分無料の「ものづくり相談」を受け付けています。ぜひご活用ください。

 

また、このベンチは3月4日からGooday唐津店にて設置されております。
ご来店する機会がありましたら座ったり、リングを覗いたりしてみてください!

僕も店舗へに見に行って、ついでにイカ食べてこようと思います。

ファブラボ太宰府では他店舗から発注を受けたベンチを製作中です。カットややすりがけが終了し、今日は塗装です。
ワトコオイル」という木目を生かした塗装ができるオイルを塗ってみます。
成分は亜麻仁油だそうです。色もたくさんありますが、今回はナチュラルという色にしました。

さて、今回何で塗ろうかと考えてスポンジを使ってみました。
使用したスポンジは以下の3種類。どれも100均で売っています。1番と2番はお化粧品コーナーにあるスポンジ。厚手のものと薄手のものにしました。3番はキッチン用スポンジをカットしたもの。裏側は緑の焦げ落としがついたものです。

予想としては1番がよく塗れそう。

なので最初に1番の厚手スポンジで塗ってみました。が・・・2枚くらい塗っただけでボロボロに。どうして?
 
仕方がないので2番の薄手スポンジに変更。こちら、1番に比べてオイルを含む量が少なくて無駄が少ないです。そして全然ボロボロになりません!快適!60枚くらい塗ってもまだ大丈夫ってすごい!化粧に使うならどんなざらついた肌に使っても一生使えそうです。
  
快適なのでついつい3番の存在を忘れていました。とりあえず2番のままでもいいけど3番のキッチン用も使ってみました。2番に比べてオイルをたくさん吸うので、オイルをつける回数が劇的に減りました。ただつけすぎると塗る時にまわりに飛び散ります。でも作業効率的にはこれが最強!緑の部分が固いのも持ちやすくて良いです!
 

塗り終わったあとのスポンジです。1番は3~4枚しか塗ってないのにコレです。2番は60枚くらい塗りましたがまだ使えそう。3番は15枚くらい塗ったらだんだんスポンジがへたってきました。でも結論としては3番が一番よかった気がします。
 
今回はじめてワトコオイルを使ってみましたが、オイルを塗ったあと布で磨くと木目がキレイに出てつやつやして美しいです。別のスタッフもつやつや感に感動してMDFに塗ってみてましたが、MDFは木目がないのでただムラになっただけでした。
  
今回はワトコオイルを塗るスポンジについて書きましたが、ベンチはまたできあがったら載せますね。