EVENT

  • 文字もじりモジュールをつくろう! in 太宰府 イメージ1

ファブの力で文字を具現化!

文字もじりモジュールをつくろう! in 太宰府

Special Workshop

「真っ赤な嘘」「信頼が崩れる」「固定観念に縛られる」。。。
日本語には、言葉に色を付けたり動きを与えるような用法がたくさんあります。
こんなに多様な表現を、文章の中にとどめておくのはもったいない!
ファブの力を借りて、一目でわかる「文字通り」のモジュールを作ってみましょう!

(1)まずはどんな文字をつくるのか、参加者みんなでアイディア出しをします。
(2)つくる文字が決まったら、データを作成してファブ機材で具現化。
(3)オリジナルの文字が完成したら、写真&動画の撮影大会!


〇いかに頭を緩くするかが肝心。柔軟な発想をお待ちしています!

〇制作は講師陣が全力でサポートするので、機材利用の経験がなくても構いません。

〇持ち物は特に必要ありませんが、データ作成用のPCがあるとスムーズです。



今回は特別講師として、東京でデジタルファブリケーションの研究をしながら、ワークショップやfabcrossなどで執筆活動を行っている淺野くんを迎えております。貴重なこの機会...!どうぞお見逃しなく...!

[講師紹介]
淺野 義弘 氏
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科在学中。 大学でデジタルファブリケーションに出会ってものづくりの楽しさを知る。 デジタルツール製玩具やふりかけプリンタを作りつつ、ものづくりを通じた学びについて勉強中。 将来は、21世紀のワクワクさんになりたいと思っています。

「3Dプリントマテリアルのうた」

日時
2017.3.17-fri 14:00-16:00(開催終了)
金額
1000 yen (税込)
定員人数
6組
お持ちいただくもの
データ作成用のPC(ご用意できる方のみ)
備考
お菓子と飲み物付きです。
家族での参加大歓迎です。