BLOG

先日の日曜日に、プロダクトデザイナーの竹内さんを講師にお招きして家具をつくるワークショップを実施しました!
IMG_2459
ShopBotという大型のCNCルーターであらかじめ切り出した部材を、やすりがけして組み立てます。
やすりがけをするという事で、親子で参加されるかたも。
IMG_2481

竹内さんのプロジェクトの一つである”furniturised”
******************************************************************
「CNCルーターやレーザーカッターを使って誰でも簡単に制作できる家具を制作しています。
特殊な工具や接着剤を必要とせず、プラモデルのように簡単に組み立てができ、実際に生活の中で使用することができます。
データでの提供も可能なので、材料の変更やカスタマイズすることもできます。」
******************************************************************

通常オーダーメイドで家具を頼むととても高いですよね?時間もとてもかかります。
そこをファブラボに置いてある機材を使うことで、通常よりも安価で早く形にすることが可能です。
椅子の足の長さを少し変えたい、座面の形を変えたいという要望もデータを少し変えればすぐに出力できます。

竹内さんのこの椅子ですが、試作に1年以上費やしてます。
今年の3月位から月1(多いときは隔週)位のペースで、うちに通ってショップボットで切り出すという作業をされてました。
板の素材や厚みを変えてみたり、紐で縛る構造にしてみたり・・・などなど。

その前は、レーザーカッターでの試作を繰り返しされてました。
デザインの構想を考えるともっと以前よりされています。
デジタルファブリケーションで確かに試作や量産が個人でも容易にできるようになりましたが、
きちんとした「ものをつくる」となると、これだけ大変なことなんですね。

と、前置きが長くなりましたが、今日やることをスライドを使って説明。
IMG_2463
国産の板を使う理由・構造の卍組について・強度試験について・・・などなど
みなさんとても興味深々なご様子でした!
IMG_2471
構造については3Dモデリングで実際にシュミレーションしながらの説明。

一通り説明が終わったところで、やすりがけの作業に入ります。
120番(荒目)→240番(中荒目)→400番(細目)の順番でやすっていきます!
IMG_2482

IMG_2484

IMG_2485

IMG_2494
親子で分担してやすりがけ。親子で一緒の作業をするのって普段あまりなかったりするので新鮮ですよねー

一通りやすりがけできたところで、組み立て方についてレクチャー。
普通にしっかりはめていくと組み立てられないので、少しずつ斜めの状態でゆるくはめます。
それをゴムハンマーで叩いていくと綺麗にはまっていくという仕組みです!
IMG_2508

IMG_2509

IMG_2510

IMG_2511
コツが分かれば、お子さんでも組立ができます!
IMG_2527
ニスを持ち込んで仕上げの塗装をされる方も。
みなさん思い思いの椅子に仕上げていましたー!

パーツが分解できるので梱包して発送するときに便利です。
また、全てフラットなのでレーザー加工もしやすいですよね。

21147014_502614310074503_609222243_o
素材を変えるだけでも雰囲気が変わりますし、形が少し違うものなど色々とバリエーションがあり
参加者の方から、他にもつくりたい!ととても好評でしたーーー!

興味のある方は、お気軽に仰ってください。
参加したいです!という方が増えたらまた実施するかもです!
今後ともよろしくお願いいたしますー

会員の方向けに実施している、学びをメインとした”ミニファブ道場”も今回で3回目!
今日は午前・午後と2回、革細工について学び、最後に実際につくってみるという内容でした。

IMG_2395

オリジナルのものを作って持って帰るというより、技法や道具について学び
次にこういうのをやってみようというきっかけになるのを目的に実施しました。

まずは、皮と革の違いについて。
みなさんは、この二つの違いご存じですか?
違いをイラストで描いてみました!
g

「皮」をなめしたものを「革」というんですね~
そして、なめしの技法についてですが、最初は口で噛んでなめしていたとか!
想像しただけで大変そうですよね。

IMG_2354

IMG_2356

IMG_2357

あとは、革細工するときに使う道具を紹介。
金具を留めるだけでも、たくさん使います。

IMG_2354

写真に写っているのは、ファブラボ太宰府にあるもので、ほんの一部ですがこれだけ道具があります。
そしてそれぞれ何に使うのか、よくわかりません!
「革でなにか作ってみたいけど、どこからやっていいかわからない」
という声をよく耳にしますが、本当にそうだなーと改めて実感しました。

あとはレーザー加工するときのコツなど。
レーザー加工だと、自由な曲線でカットできたり彫刻できますが
臭いが結構きつかったり、加工中反ってしまったり。
革に限らず、レーザーカッターとても便利ですが、なんでもできるという訳ではなく色々工夫する点はあります。

革の技法を学んだところで、実際に体験してみます!
3種類から1つ選んでつくってもらいます。

f

こちらの方は、縫う技法を体験。
最初に裏側(トコ)に仕上げ剤を塗布し、表面の毛羽立ちを抑えます。
IMG_2358

大きな模型を使って、縫い方を説明。針を2本使って縫うので、最初は少し戸惑います。
IMG_2363

レザー用の糸には、ロウ引きされており、最後にライターであぶって玉止めします。
IMG_2375

そして、側面(コバ)をコーティングします。
IMG_2387

ご自身で持ってこられた革の端切れを合わせて完成しました!
IMG_2391

午後の部に参加された親子は、コードクリップを作りました~
IMG_2422

金具を金づちで打ち付けるだけなのですが、金具の種類がややこしいんですよね
IMG_2416

コバコートを塗布したところを、スリッカーという道具で磨いていきます。
IMG_2431

完成したものがこちら!
IMG_2436
IMG_2437

早速バッグにつけられていました~

ミニファブ道場では、学びをメインとしたWSにしました。
かわいいもの・オリジナルのものを作るのはとても楽しいですが
素材や仕組み・道具について知ることもとても大切なことです。
今回はそこを掘り下げてみよう!という事で、実験的に実施しました。

ただこちらが与えるというより、一緒に考えたり想像したり出来たのがこちらにとっても大きな学びとなりました。
今後も定期的に実施していこうと思います!
通常のファブ道場の方もよろしくお願いいたします!

今日は「どう電ペンで光るカードづくり」のワークショップを実施しました。
出張等でのワークショップは何回かしていたのですが、ファブラボで一般向けに実施するのははじめてでした。

IMG_2029

今日は小学校2,3年生の子どもたちが多かったので、まだ電気など学んでいないのであまり難しい話は置いておいて、実際に光らせたり手を動かしていきました。

スクリーンショット 2017-08-17 16.24.10

光らせ方がわかったら、どんなカードにするか考えていきます。
イラストがわからなくなったらスマートフォンで調べる子も多く、デジタルネイティブさを感じました…!
回路を間違えても修正ペンがあるので、ある程度ならそれで直すことができるので失敗もこわくありません。

スクリーンショット 2017-08-17 16.24.18

すきなキャラクターのネクタイや耳を光らせたり、お家にしたり、くまをかいてみたり…
それぞれ違ったデザインでできました!
最初に練習しているので、少し間違えても「ここが繋がってるからいけないんだ」「ここが途切れてた!」とすぐに発見してくれるので嬉しかったです。
学年関係なしに楽しんでいただけてなによりです。

スクリーンショット 2017-08-17 16.24.26

これでファブラボ太宰府内で開催する子供向けの夏休みワークショップは終わりとなります。また季節ごとや冬休みなど定期的に開催していきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

イベントでなくても毎週土曜日はオープンラボという無料施設開放を行っております。会員でなくても廃材や機材の一部の利用が楽しめます。夏休みの宿題で駆け込み工作も可能です。(代わりにつくることはできないけどアドバイスなどにはのれます!)
今週末は天神でのワークショップコレクションのためお休みですが、来週以降の土曜日にお待ちしております!

本日、【自分で作ったひこうきをとばそう】を実施しました。

午前には5歳の男の子

午後には小学2年生の男の子と、5年生の女の子の兄弟が参加してくれました!

 

 

自己紹介もかねて、本日の流れを紙芝居風?にしました!

事前に作っていた時計で、時間の確認!

ワークショップ中にも、この時計で確認して作業をしてくれました。

IMG_1937

 

待ちに待ったひこうき第一号機!

まずは見よう見まねでダンボールを切ります。

5歳の子も上手にはさみを使って、難しいところはお父さんと一緒にチョキチョキ

小学生になるとはさみはお手の物!

切り終わってひこうきの形に組み立てると3人とも嬉しそう!

「よし!飛ばそう!」

と、いざ飛ばしてみると、ヒラヒラ・・・クルリン・・・トン・・・

なんだか思ったように飛ばない。
IMG_1985
IMG_1940
IMG_1941

でも、そこで止まらず新たなひこうきに取り掛かります!

〇見本をなぞってみる

〇本を読んでみる

〇たくさん作ってみる

〇バランスを確認してみる

〇おもりをつけてみる

〇兄弟で情報を共有してみる

3人とも黙々とダンボールを切ります!
IMG_1997
IMG_1988
IMG_1992
IMG_2026

できたひこうきの中から1番を決めてもらったものをデータとして読み込んでいきますが、

これは、私の仕事!

その間各自でひこうきを飛ばすコツを見つけてもらいます!

 

 

 

そのデータをもとに、レーザーカッターで切り出していきます!

見本で木のひこうきは見せましたが、3人には作り方は内緒にしていました。

 

手で切る?

パソコンが切る?

どうやってつくる?

 

そんな謎も、実際に自分たちがはさみで切った形が目の前で切られていく様子を見て納得?

サプライズでこっそり名前を入れてみましたが、

その名前が現れる様子も楽しんでくれました!

レーザーカッターは、動いているときも止まったときも煙が出ます。

自分のひこうきが切り出されても、熱そうだからなかなか手がでません。

「ね、ね、熱い?」

「感想教えて。」

「もう触ってもいい?」

勇気をだして触ってみると、思ったほど熱くなく

「熱くない!」

と、これまた嬉しそう。
IMG_1946
IMG_2002
IMG_1954

木で作ったひこうきを組み立てると、ダンボールとは違ってがっちりしています。

中にはさっきまで投げる練習をしていたダンボールひこうきが恋しいのか?懐かしいのか?

木のひこうきを置いて、ダンボールひこうきを投げ始めた子もいましたが、

ダンボールよりもよく飛ぶのを見て、「やっぱ木がいい!」と言ってくれました。

 

 

たくさん投げる練習をしてから

「ひこうきとばし大会」が開催されました!

なんと景品も用意しています!

私も加わりいざ勝負!
IMG_1973
IMG_2016

手加減は一切なく私の惨敗。。。

本番には3m飛んだ子もいました!

優勝商品も、参加賞もレーザーカッターで切り出した名札

3人とも喜んでくれてよかったです。

(ひとり、名前を間違ってしまってごめんなさい。)

 

今回のワークショップでは、

自分でひこうきを何度も切って、どうしたら飛ぶか考えて、その後レーザーカッターを体験するという

1時間でしたが、3人とも楽しんでくれて嬉しかったです。

朝からたくさんひこうきを投げ続けたため、ヘトヘトになってしまいましたが、

一緒にひこうきを飛ばせて楽しかったです。

中にはダンボールを持って帰って家でも作ると言ってくれた子もいたので、その結果を楽しみにお待ちしています。

今日は参加していただき、本当にありがとうございました。
IMG_1977
IMG_2022

本日、拭き漆体験を実施しました。

先日ファブラボ仙台の方より「拭き漆」という技法を教わり、今回のミニファブ道場の開催となりました。

ファブラボ仙台のみなさん、ありがとうございます。

fab_漆

 

 

ところで、「拭き漆」、「」ってご存知ですか?

 

 

「漆」とは、樹のウルシからとれる塗料の一種です。

縄文時代より塗料として利用されており、

漆で塗装された器(漆器)は耐熱性があり、熱いお味噌汁を入れても器自体が熱くならないため各家庭で普及していました。

ですが、今ではさまざまな素材が出現し「漆器」が身近でなくなっています。

そういう私も漆という言葉は知っていましたが、塗装したこともなければ漆器、拭き漆の知識もありませんでした。

かつては漆器は日本で代表的なもののひとつでしたが、今では漆の国内生産は1%~2%ととても低くなっています。

そこで、少しでも漆や漆器といった日本で昔から培われていた文化を体験しようと本ワークショップを実施しました。

 

~まずは、やすり!~

素材をやすっていきます。

この作業を均等に行わないと、漆を塗る際にのりが悪くなります。

なので、念入りにやすりを行っていきます。

ちなみに、本日参加された方はエレキを持参されました!

できあがったエレキを見ることは店頭等でありますが、そのままのボディーを見るのは初めて!

自己紹介もしないままエレキへの興味は止まらない、そんなワークショップのスタート。
IMG_1890
IMG_1884

~次は、漆塗り!~

生漆とテレピン油を混ぜていきます。

その後、ケーク紙で全体に塗っていきます!

 

漆を塗らない状態でも、十分素敵でしたが

塗っていくと木の模様が濃くなっていき、いままで気付かなかった模様がでてきました!

一枚板っておもしろい!

そして、その模様を引き出した漆っておもしろい!
IMG_1892
IMG_1909
IMG_1907

~続いては、ふき取り!~

えっ?と思われますが、今回は漆塗りの中でも拭き漆という技法です。

塗った漆をふき取ります。

そいうった工程を経ることで、年輪などの模様を大切にした塗り方になります。

通常の刷毛を使って行う塗装とは異なり、不思議な感覚になります。

ふき取ることで水で濡れた猫を拭いてあげた時のような?愛着がわいてきます。

その感覚は実際に体験していただきたい!
IMG_1911

~乾燥!~

乾燥としましたが、考え方としては硬化させていきます。

漆の成分と水分が合体することで硬化していくため、通常の塗料の乾燥とは異なります。

3週間エレキギターをお預かりして簡易的な室で保管していきます。

 

~ちなみに!~

漆で塗装した「MDF板」×「レーザーカッター」でオリジナルボタンを作ってみました!

いつものMDFとは違って少し大人っぽくなったような?

まだまだ他の使い方を模索していきます。

アイディア募集中です!
IMG_1919

拭き漆を行うにあたり、
・かぶれへの恐れ
・机自体へのマスキングするなどの準備
・室を作成し乾燥させる環境の準備

など壁は多いように感じますが、拭き漆を通して

・縄文時代より行われてきた技法を体験できる喜び

・ウルシという植物としての不思議に触れることができる

・塗った後にふき取るなど、板を見つめる時間が長く愛着がわく

といったことが体験できました!

漆以外にも、まだまだおもしろいこと、大切にしたいことがあると思いますので

今後もいろいろなことに挑戦していきたいです。

本日はご参加、ありがとうございました。

エレキギターは3週間大切にお預かりいたします。

本日、

「デジタル機材に触れてみよう はじめてのレーザーカッター」を実施しました。

午前の部には、2人の姉妹

午後の部には、2人の兄弟が参加してくれました。

 

~まずは、お絵かき!~

はじめ女の子2人は、なかなか手が動かなかったですが、

のってくると繊細にかつダイナミックに絵を描いていました。

事前にどんな絵を描くか決めていたようで、下書き用の手作りポーチを持参してその柄を使ってお絵かきしていきます。

最初は恥ずかしがって名前も教えてくれませんでしたが、

絵を描きながらお互いの好きなもの、名前当てゲームをしていきました。

IMG_1783

IMG_1780

男の子は、ペンを持った瞬間から迷うことなく描いていきます。

次から次に個性的なキャラクターたちがいっぱい現れます!

日ごろから兄弟でキャラクターたちを描きあって戦いが行われているとのこと。。。

ちなみに、

お兄ちゃんが描いたキャラクターは「中野さん」

弟さんが描いたキャラクターは「おでんくん」

中野さんの由来はさておき、午後の部のワークショップは参加者、私含め中西率100%でした。はい。
IMG_1808
IMG_1840

~次は、色塗り!~

描いた絵をデータにしている間、事前に切り出した形に色を塗っていきます。

午前と午後では、これまた違った色塗りとなりました。

 

午前の女の子2人は、綺麗な色を作っていきます。

ピンクももとからありますが、お姉ちゃんは赤と白を混ぜて少し甘めなイチゴ色に

妹さんは真っ赤なイチゴ色に
IMG_1790
IMG_1791

午後の男の子2人は、絵と同様感性豊かに塗っていきます。

めん棒を使って細かいところを塗ったり、文字を書いたり

また、ボールに少しずつ違う色を出していったり

こんなにもいろ塗りで個性が出るのかと、ワクワクさせていただきました。
IMG_1823
IMG_1822

~最後は、レーザーカッター!~

今日のワークショップの本番です。

レーザーカッターを動かしてみて、スタートを押したら機械が動き出します。

最初はちょっとしか現れず、なんなんだ?という沈黙。。。

ですが、徐々に自分で描いたキャラクターが板の上に現れてくると、

 

「あ、これ〇〇ちゃんのやん!ほら!」

「もう〇〇ちゃんの終わりやね、わたしの書いたしっぽで最後!」

 

終始ワクワクした顔でレーザーカッターの動きを見ていました。

レーザーカッターは、レーザーで彫刻とカットをします。

なので、終わった後は煙が出てくるため、触ってもいいのか、熱くないのか心配になりますが、

実際触ってみると熱くないんです。

自分の手にキーホルダーを持ったときの嬉しそうな顔を見るのが、とても嬉しかったです。

IMG_1793
IMG_1861
IMG_1836

絵を描くこと、色を塗ること、レーザーカッターの動きを見る目

どれも大人になるにつれて忘れてしまったような気がします。

今回のワークショップでは、データを作ること・レーザーカッターを設定することは私たちが行いましたが、

その他の事は参加してくれた子たちにしかできないことで、勉強をさせていただきました。

またの機会に会えることを楽しみにしています。

参加していただき、本当にありがとうございました。
IMG_1803
IMG_1878

今回はワークショップとしてキーホルダーにしましたが、レーザーカッターを使えば自分でも作ることができます。

お子さんの描いた絵がたくさんある方はぜひファブラボ太宰府にお越しください。

7/29・30日に山口市内で行われたテクノロジーサマーキャンプ・宇部市ときわ公園での夏の美術室2017内、各々のイベント内で1つのワークショップを担当させていただきました。

私たちは、もともと電子工作を楽しく可愛く学んでもらいたいということで、導電性製品をつかったワークショップやキットの開発を行ってきましたが、今回は「どう電ペンでお絵描きしながら電子回路を学ぼう」ということで、AgICさんの電気を通すインクが入った導電ペンを使っています。

このペンは光沢紙のような、表面がつるっとした特殊紙の上でしか反応しないのですが、こうして線を描くことで電気を通ることができるようになるので、「お絵描きしながら光らせる」ということができます。

FullSizeRender 5

今回は5歳の子から上は中学1年生の子まで、広い年齢のお子様たちに参加していただきました。

36090540292_daff3e2060_o (1)

電気の勉強をするとき、豆電球をつかっていたと思いますが、今回はLEDを使用しています。

LEDが光るにはどうしたらいいだろうか?まずはそこから考え、自分で実験してみるところから始まります。

スクリーンショット 2017-08-09 12.42.31

今回も、特製のLEDカバーを用意し、かぶせてみて色の違いなどをみてもらいました。

スクリーンショット 2017-08-09 12.42.40

そのあと、どう電ペンも実際につかってみました。

スクリーンショット 2017-08-09 12.42.49

どう電ペンの使い方・LEDの光らせ方がわかったら、次にどんなイラストにするか考えていきます。
低学年の子のほうがどんなイラストにするか思いつきが早く、高学年になるにつれてイラストをどうするか悩みやすい様子がありました。

今回は1時間近く最後の工作時間があったので、みんないっぱい考えて描いてみて間違えて直したりたくさん試行錯誤する時間ができました。

スクリーンショット 2017-08-09 12.42.56

電車にしてみたり、カブトムシを戦わせてみたり、

スクリーンショット 2017-08-09 12.43.37

ヨットと海中を書いてみたり、魔物(?!)にしてみたり、

スクリーンショット 2017-08-09 12.43.43

  ここには載せきれないですが、たくさんの光るイラストができました。   スクリーンショット 2017-08-09 12.43.55

 

ちなみに8月19日・20日は福岡ワークショップコレクションにて、導電ペンで簡易的なバッジをつくるワークショップを実施いたします。こちらは予約不要のイベントで、他にもたくさんのワークショップが同時開催されます。ぜひ遊びにきてください。

スクリーンショット 2017-08-09 12.44.06

イベント名:「電気を通す魔法のペンで光るLEDバッジをつくろう!」
日時:8/19・20 10:00-16:00( 15:30最終受付)
参加費:¥500(材料費のみ)
対象年齢:5歳以上〜
作品のサイズ:5cmサイズのミニバッジ
ワークショップで学べること:LEDの仕組み・導電ペンの使い方
備考:予約不要で、当日先着順でご案内いたします。

また山口で行ったイラストカードづくりの同様のワークショップを、8月17日に、ファブラボ太宰府で実施いたします。こちらは午前、午後ともに、あと数名募集しておりますので、お早めにこちらのページよりお申込みください。

IMG_1727

イベント名:「〜お絵描きしながら電子工作体験〜 電気を通すペンをつかって光るカードをつくろう!」
日時:8/17 10:00-11:00 / 13:00-14:00
参加費:¥1,000
対象年齢:小学生以上〜
作品のサイズ:ハガキサイズのカード型
ワークショップで学べること:LEDの仕組み・LEDを光らせる正しい回路の書き方・導電ペンの使い方
備考:お申込みはこちら

 

ファブラボ太宰府では、こうした電子工作やデジタル工作機械を使った出張ワークショップの依頼も受けております。
お気軽にお問い合わせください。