BLOG

本日、

「デジタル機材に触れてみよう はじめてのレーザーカッター」を実施しました。

午前の部には、2人の姉妹

午後の部には、2人の兄弟が参加してくれました。

 

~まずは、お絵かき!~

はじめ女の子2人は、なかなか手が動かなかったですが、

のってくると繊細にかつダイナミックに絵を描いていました。

事前にどんな絵を描くか決めていたようで、下書き用の手作りポーチを持参してその柄を使ってお絵かきしていきます。

最初は恥ずかしがって名前も教えてくれませんでしたが、

絵を描きながらお互いの好きなもの、名前当てゲームをしていきました。

IMG_1783

IMG_1780

男の子は、ペンを持った瞬間から迷うことなく描いていきます。

次から次に個性的なキャラクターたちがいっぱい現れます!

日ごろから兄弟でキャラクターたちを描きあって戦いが行われているとのこと。。。

ちなみに、

お兄ちゃんが描いたキャラクターは「中野さん」

弟さんが描いたキャラクターは「おでんくん」

中野さんの由来はさておき、午後の部のワークショップは参加者、私含め中西率100%でした。はい。
IMG_1808
IMG_1840

~次は、色塗り!~

描いた絵をデータにしている間、事前に切り出した形に色を塗っていきます。

午前と午後では、これまた違った色塗りとなりました。

 

午前の女の子2人は、綺麗な色を作っていきます。

ピンクももとからありますが、お姉ちゃんは赤と白を混ぜて少し甘めなイチゴ色に

妹さんは真っ赤なイチゴ色に
IMG_1790
IMG_1791

午後の男の子2人は、絵と同様感性豊かに塗っていきます。

めん棒を使って細かいところを塗ったり、文字を書いたり

また、ボールに少しずつ違う色を出していったり

こんなにもいろ塗りで個性が出るのかと、ワクワクさせていただきました。
IMG_1823
IMG_1822

~最後は、レーザーカッター!~

今日のワークショップの本番です。

レーザーカッターを動かしてみて、スタートを押したら機械が動き出します。

最初はちょっとしか現れず、なんなんだ?という沈黙。。。

ですが、徐々に自分で描いたキャラクターが板の上に現れてくると、

 

「あ、これ〇〇ちゃんのやん!ほら!」

「もう〇〇ちゃんの終わりやね、わたしの書いたしっぽで最後!」

 

終始ワクワクした顔でレーザーカッターの動きを見ていました。

レーザーカッターは、レーザーで彫刻とカットをします。

なので、終わった後は煙が出てくるため、触ってもいいのか、熱くないのか心配になりますが、

実際触ってみると熱くないんです。

自分の手にキーホルダーを持ったときの嬉しそうな顔を見るのが、とても嬉しかったです。

IMG_1793
IMG_1861
IMG_1836

絵を描くこと、色を塗ること、レーザーカッターの動きを見る目

どれも大人になるにつれて忘れてしまったような気がします。

今回のワークショップでは、データを作ること・レーザーカッターを設定することは私たちが行いましたが、

その他の事は参加してくれた子たちにしかできないことで、勉強をさせていただきました。

またの機会に会えることを楽しみにしています。

参加していただき、本当にありがとうございました。
IMG_1803
IMG_1878

今回はワークショップとしてキーホルダーにしましたが、レーザーカッターを使えば自分でも作ることができます。

お子さんの描いた絵がたくさんある方はぜひファブラボ太宰府にお越しください。

7/29・30日に山口市内で行われたテクノロジーサマーキャンプ・宇部市ときわ公園での夏の美術室2017内、各々のイベント内で1つのワークショップを担当させていただきました。

私たちは、もともと電子工作を楽しく可愛く学んでもらいたいということで、導電性製品をつかったワークショップやキットの開発を行ってきましたが、今回は「どう電ペンでお絵描きしながら電子回路を学ぼう」ということで、AgICさんの電気を通すインクが入った導電ペンを使っています。

このペンは光沢紙のような、表面がつるっとした特殊紙の上でしか反応しないのですが、こうして線を描くことで電気を通ることができるようになるので、「お絵描きしながら光らせる」ということができます。

FullSizeRender 5

今回は5歳の子から上は中学1年生の子まで、広い年齢のお子様たちに参加していただきました。

36090540292_daff3e2060_o (1)

電気の勉強をするとき、豆電球をつかっていたと思いますが、今回はLEDを使用しています。

LEDが光るにはどうしたらいいだろうか?まずはそこから考え、自分で実験してみるところから始まります。

スクリーンショット 2017-08-09 12.42.31

今回も、特製のLEDカバーを用意し、かぶせてみて色の違いなどをみてもらいました。

スクリーンショット 2017-08-09 12.42.40

そのあと、どう電ペンも実際につかってみました。

スクリーンショット 2017-08-09 12.42.49

どう電ペンの使い方・LEDの光らせ方がわかったら、次にどんなイラストにするか考えていきます。
低学年の子のほうがどんなイラストにするか思いつきが早く、高学年になるにつれてイラストをどうするか悩みやすい様子がありました。

今回は1時間近く最後の工作時間があったので、みんないっぱい考えて描いてみて間違えて直したりたくさん試行錯誤する時間ができました。

スクリーンショット 2017-08-09 12.42.56

電車にしてみたり、カブトムシを戦わせてみたり、

スクリーンショット 2017-08-09 12.43.37

ヨットと海中を書いてみたり、魔物(?!)にしてみたり、

スクリーンショット 2017-08-09 12.43.43

  ここには載せきれないですが、たくさんの光るイラストができました。   スクリーンショット 2017-08-09 12.43.55

 

ちなみに8月19日・20日は福岡ワークショップコレクションにて、導電ペンで簡易的なバッジをつくるワークショップを実施いたします。こちらは予約不要のイベントで、他にもたくさんのワークショップが同時開催されます。ぜひ遊びにきてください。

スクリーンショット 2017-08-09 12.44.06

イベント名:「電気を通す魔法のペンで光るLEDバッジをつくろう!」
日時:8/19・20 10:00-16:00( 15:30最終受付)
参加費:¥500(材料費のみ)
対象年齢:5歳以上〜
作品のサイズ:5cmサイズのミニバッジ
ワークショップで学べること:LEDの仕組み・導電ペンの使い方
備考:予約不要で、当日先着順でご案内いたします。

また山口で行ったイラストカードづくりの同様のワークショップを、8月17日に、ファブラボ太宰府で実施いたします。こちらは午前、午後ともに、あと数名募集しておりますので、お早めにこちらのページよりお申込みください。

IMG_1727

イベント名:「〜お絵描きしながら電子工作体験〜 電気を通すペンをつかって光るカードをつくろう!」
日時:8/17 10:00-11:00 / 13:00-14:00
参加費:¥1,000
対象年齢:小学生以上〜
作品のサイズ:ハガキサイズのカード型
ワークショップで学べること:LEDの仕組み・LEDを光らせる正しい回路の書き方・導電ペンの使い方
備考:お申込みはこちら

 

ファブラボ太宰府では、こうした電子工作やデジタル工作機械を使った出張ワークショップの依頼も受けております。
お気軽にお問い合わせください。

本日、キリンの身長計つくりを実施しました。

IMG_1357

◆ショップボットの見学

ショップボットって、まったく聞きなれない言葉ですが、

どんなことができて、他の機械とはどこが違うのか、またどんな注意点があるのか

それぞれお話した後、実際にショップボットとご対面~

今回のキリンを切り出しにかかる時間は、約5分。

・メモリを彫る動き

・周りを切っていく動き

ショップボット部屋は暑いんですが、

そんな中でも、参加されていたみなさんずっとショップボットの動きを見られていました。

参加された2歳のお子さんもその動きが楽しいみたいで、凝視されてました。

IMG_1365

IMG_1364

◆キリンの塗装

準備をしてから、いざ塗装!

事前にイメージをしてきていただいたおかげか、

それともお子さん2人が芸術肌なのか、

なんの迷いもなく、塗装が始まりました。

IMG_1387

IMG_1388

IMG_1394

2歳の男の子は、「ハケ」、「手」、「スタンプ」を経たのち、やっぱりハケがよかったみたいで、

その手がとまることがなかったです。

終わりだから手を洗うんですけど、戻ってくると「まだ塗る!」

…塗装ループは終わりません。

お父さんと一緒に片づけをしている間に、お母さんが書き加える。

お母さんと一緒に手を洗っている間に、お父さんが最終段階にもっていく。

その連携プレーに感銘しました。

IMG_1409

IMG_1413

IMG_1423

小学生の女の子は、最初は単色で塗っていましたが、

色を混ぜる楽しさ、色を作る楽しさを知ってしまい、たくさんの色を作っていました。

それを、ハケでとばしながら立体的なアート作品へ

個人的にはピンクがピカイチ!

事前にイメージしていたものはその場で更新されまったく違うものになったようです。

キリンの足元がドットだったり、

線が描かれていたり、

その線からハケで色を飛ばすことを思いついたのかな。

そんな過程が見られる身長計です。

IMG_1411

 

IMG_1421

IMG_1428

ペンキを塗ることも、

大きなものに塗ることも、

お子さんたちは、とっても楽しそうでした。

2時間飽きることなくずっと集中していました。

家だと部屋を汚されないかヒヤヒヤしちゃいますが、

今回はのびのび塗装できたのもよかったみたいです。

(↓塗装終了後、イネを見ながらのびのびしてる写真)

IMG_1437

どちらのキリンも、決してキリン柄ではないですが、

同じ色で塗られた箇所はひとつもなく

70cmあたりには、手形で塗った緑が隠れていたり

メモリ1本1本の色もよーく見ると、いろんな色が混ざっていたり。

私は身長が150cmになった時の喜びを今でも覚えています。

ですが、「150cmなった!」っていう喜びでなく、

「やっとこの色まで届いた!」とかなるのかな。とワークショップ中に考えていました。

お子さんの成長は早いですが、

その成長ごとにキリンがそばにいてくれる、

そのキリンに刻まれていくことを嬉しく思います。

本日は、参加していただき本当にありがとうございました。

IMG_1444

IMG_1452

夏休みに入りましたが、

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

気付けば7月も後半に入ってて、正直ビックリしています。

 

ファブラボ太宰府の夏休みイベントも、少しずつ始まっています。

私と同様、ビックリされている方も大丈夫です!

まだまだイベントもたくさんご用意していますので、

夏休みのご予定にまだ空きがある方はこちらをご覧ください。

 

ファブラボ太宰府には興味あるけど、遠いな…

と思われている方に朗報!

この夏、

ファブラボ太宰府では、太宰府以外でも活動を行っています。

 

Maker Faire Tokyo

 

8/5(土)~8/6(日)

東京ビックサイトで行われるMaker Faire Tokyoに出展いたします。

持参するのは、つくると!3で出展した「ファブライフゲーム」!

IMG_6562

 

さらに改良を加え、もっと遊びやすくなりました!

遠くて、なかなか太宰府まで来られない方々に遊びながら、ファブラボ太宰府を体験してもらってきます!!

もちろん、ファブラボ太宰府に来られた方も東京でお待ちしております。

 

makerfaire17B2_0531out

Maker Faire TokyoのHPはこちら

 

◆ワークショップコレクション ミニ in 福岡

 

8/19(土)~8/20(日)に、

旧大名小学校跡地で行われるワークショップコレクション ミニ in 福岡に出展いたします。

こちらは、電気を通すインクペン「導電ペン」をつかったワークショップ。

電気難しそう…

電子工作難しそう…

まずは、楽しいものづくりを通して「回路づくり」を体験しましょう!

ファブラボ太宰府以外にもたくさんのワークショップが行われていますよ。

大名なので、バスで来るもよし!車で来るもよし!地下鉄で来るもよし!電車で来るもよし!

アクセス方法はたくさんありますので、みなさんぜひお越しください。

fablabo

 

20245875_1430186653685761_7967538985417102218_n

ワークショップコレクション ミニ in 福岡のHPはこちら

 

この夏、多くの方にお会いできるのを楽しみにしています。

本日、
デジタル機材を体験!「レーザーカッターに触れてみよう」を実施しました。

参加いただいたのは5歳と3歳の男の子2人でした。

 

◆絵を描く

「好きな絵をたくさん描いてください」

お兄ちゃんは昆虫をたくさん描いていました。

カブトムシ クワガタ ゴマダラカミキリムシ

テントウムシ バッタ アブラゼミ

どれも上手に描かれていましたが

その中から、カブトムシを選びました。

弟くんは、お兄ちゃん?だったかな?を描きました。

IMG_1289

IMG_1288

IMG_1332

IMG_1331

◆データ修正の間、先に切り出した形に色を塗ります

お兄ちゃんは、カブトムシと星

弟くんは、お兄ちゃんと同じカブトムシと、あと猫を選びました

今回使った塗料はnuro

絵の具のように塗りやすく、また乾くのも早い!

2人とも、上手に塗っていきます

塗り重ねも、とても芸術的!!

IMG_1291
IMG_1294

◆実際にレーザーカッターを動かしていきます

お兄ちゃんには焦点を合わせてもらい

弟くんにはスタートボタンを押してもらいます

いざ、自分が描いたカブトムシがでてくると、ものすごく嬉しそうに

レーザーの動きを終始見ていました

IMG_1305
IMG_1311
IMG_1313

◆ご対面

自分で描いたデザインが木に彫刻されたキーホルダー

IMG_1336
IMG_1330

IMG_1335
IMG_1342

 

初めてレーザーカッターを操作して

初めてレーザーカッターで彫刻をして

初めてキーホルダーのチェーンをはめて

 

初めて尽くしの1時間でしたが、

どれも楽しそうにしてくれて、本当によかったです

自分で描いたデザインが、今まで体験したことがない方法で木に彫刻されている。

その様子をずっとずっと、逃すまいと見つめている姿を見て、子どもの貴重な体験を横で見ることができて、私にとってもいい時間となりました。

本日参加いただき、本当にありがとうございました。

 

なお、本イベントは8/10(木)にも行います。まだ空きがありますので、ご参加お待ちしております。

ご応募は、こちらからどうぞ

 

本日、手作り木製ままごとキッチンを実施しました。

〇ショップボット見学

今回のままごとキッチンの切り出しには45分ほどかかるため、
来週のキリンさんを切り出しました。

IMG_1055

〇タグをとる

ショップボットの切り出しでは、動作中にパーツが動かないようにタグをつけます。
プラモデルのようになってるんです。
なので、まずはそのタグをのみやのこぎりで取っていきます!
のみを使うことってなかなか人生ではめぐってくるものではないですよね。

IMG_0653

IMG_1041

〇サンダーで表面をやする

サンダーを使って、軽く表面をやすります。
これまた、なかなかないこと。
隣でお母さんがサンダーを使っているところを誇らしげに4歳の息子さんが見ていました。

IMG_1069

〇細かいところは手でやする

ショップボットでは、少しだけバリが残ってしまったため、
細かいところは、手でやすっていきます。
みんな黙々と。。。。
スタッフも加わり黙々と。。。
大人が計6名でやすりがけした2時間以上
ここが一番の山場でした。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。

ちょっと飽きちゃったのか、息子さんは息子さんでものづくり。
大好きな目玉焼きを作っていました。

IMG_1074

IMG_1073

IMG_1079

IMG_1078

〇はめ込む

キッチンをはめ込んでいきます。
釘をほとんど使わないことを売りにしているこのままごとキッチン!
カッチリと部材がはまっていきます。

IMG_1091

IMG_1087

〇ニスを塗る

やっときました!4歳の息子さんの出番です!
やすりも楽しそうにしていましたが、
塗装となると、顔つきが職人顔に!!!!
ニスを塗っていないところが分かる4歳。

別の参加者の方は、コンロの取っ手を赤くするオリジナル。
しかも、この塗装はお子様にも優しいミルク原料の塗料です。
自分の子どものことを考えて塗装する。
そして、そのキッチンをお子さんが使ってくれるってDIYならではですね。

IMG_1134

IMG_1200

IMG_1211

〇扉をつける

扉を蝶番を使ってつけます。
蝶番の裏表を考えながら、ネジをクルクル

IMG_1241

〇有孔ボード

事前に壁になる有孔ボードの高さを聞いたオリジナルです。
もちろん、ショップボットで切り出しました!
有孔ボードをはめる溝もショップボットで作成しています。
気持ちいいほどベストな溝!

IMG_1248

〇完成

1時から5時までの計4時間。
みなさん、大変お疲れ様でした。

IMG_1273

IMG_1258

IMG_1280

〇設計者 白水氏よりひとこと

お子さんにも参加していただいたのですが、一週間前から楽しみにしていたといってくれて設計冥利に尽きます!
夏のやすりがけは大変ですが楽しんでもらえてよかったです。

今回、参加していただいたみなさん
やすりがけ、設計お疲れ様でした。
また、設計、ワークショップの進行をしていただいた白水さん
本当にありがとうございました。

アセット 1@0.5x

 

梅雨に入って、あと少しで1ヶ月が経とうとしていますが

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

すでに夏日を感じることがチラチラとありましたが、

そろそろ本番の夏がやってまいります!

スケジュールにまだ空きがある方必見!!!!!!

今年の夏も、ファブラボ太宰府ではさまざまなイベントをご用意しております。

 

7/21(金)ミニファブ道場ーアクリル染色編ー ※ファブラボ太宰府会員の方対象

夏にピッタシ!事前にカットしたアクリル作品を、染色します。

7/22(土)ままごとキッチン

釘を使わない、お子様用ままごとキッチンを親子で作ります。

7/25(火)レーザーカッターに触れてみよう 第一回

レーザーカッターを使って、自分で書いた絵をキーホルダーにします。

7/26(水)電気を通すペンをつかって光るカードをつくろう! 第一回

CMでも起用されている導電ペンを使って遊びながら電気の仕組みも学べます。

7/29(土)キリンの身長計つくり

ショップボットで切り出したキリンの身長計にペンキで塗装します。

8/10(木)レーザーカッターに触れてみよう 第二回

レーザーカッターを使って、自分で書いた絵をキーホルダーにします。

8/11(金)ミニファブ道場ー拭き漆編ー ※ファブラボ太宰府会員の方対象

拭き漆で、自分の作品や素材を高級にします。

8/16(水)自分で作ったひこうきをとばそう

木のひこうきを作って、参加者全員でひこうきとばし大会をします。

8/17(木)電気を通すペンをつかって光るカードをつくろう! 第二回

CMでも起用されている導電ペンを使って遊びながら電気の仕組みも学べます。

8/25(金)ミニファブ道場ー革細工編ー ※ファブラボ太宰府会員みの方対象

革素材をレーザーカッターで加工します。

 

各イベントの参加人数は限られていますので、

ご興味のあるイベントがありましたら、お早めにお申し込みください。

なお、お申し込みの際には参加される方のお名前、人数を必ず記載ください。

イベントによっては、日にちおよび時間が分かれているものもありますので、

その際にはご希望の日にちと時間も記載ください。

 

各ワークショップへのお申し込みお待ちしています!

本日、COMAYOSE RING WORKSHOP in 太宰府(木の指輪づくり)を開催しました。

comayose木の指輪

COMAYOSEってご存知ですか?
COMAYOSEとは、細かい(COMA)木材を寄せて(YOSE)つくる現在版寄木細工のことを言うんですって。

 

本日は、そのCOMAYOSEで指輪を作るワークショップを
東京より来福してくださった駒野先生より教えていただきました。
駒野先生は、ファブラボ太宰府ファブマスターの以前からのお友達で、
とっても木を愛する方です。

指輪作成の手順を説明していきます。

1)指輪にする木を選びます。

ヒノキ、カリン、ブナ、レースウッド、サティーネ。。。
など10種を超える木材が用意されていました。
中には地中の中に100年以上眠っていた貴重な木材もあったとか!?
色も違って、厚さも違う木材から、好きなものを数種類選びます。
みなさん、真剣なまなざし。
木材だけでなく、それらを重ねる順番までみなさん嬉しそうに、楽しそうに考えていました。

IMG_0013

IMG_0020

2)選んだ木をレーザーカッターで自分の指の太さにカット

レーザーカッターを使って、木をカットしていきます。
手でカットすると、とっても大変ですが、
レーザーカッターなら数秒でできあがります!
みなさんその速さにびっくりされていました。

IMG_0025

 

IMG_0045

3)木を接着します

カットした木を接着剤で接着していきます。
切られてしまうと、何が何の種類の木か選んだ本人も分からず、私たちスタッフも分からず状態のなか、
駒野先生は即答されてました。さすが木を愛していらっしゃる!!

IMG_0056

IMG_0054

接着後は、しっかりと固定して数分待ちます。

IMG_0129

4)ひたすら、やする

荒いやすりから、細かいやすり3種類を使ってレーザーの焦げを削り、
また、自分の好みにやすっていきます。
丸くやすったり、ごつごつにしたり、あえて節を残したり。。。
木を選ぶ時点で自分なりの指輪でしたが、さらにオリジナルがでてきます。
私はひたすらやすりの途中でリタイヤ。
ですが、それはそれでかわいい!と、親ばかになっちゃうやすりの面白さ。

IMG_0088

IMG_0091

 

5)蜜蝋をぬる

やすったあとに、蜜蝋を布で塗っていきます。
すると、さっきまでは木粉で白かった指輪がきれいな色に早変わり!
みなさん自分の指輪にご満悦しながらも、となりの方の指輪を見て、

「あー、その色いいな。」

「その色にすればよかった。」

「もっとやすります!」

自分の作品がほめられて嬉しくなったり、
アイディアが浮かんできたり、
他の人と一緒にするものづくりっていいですね。

下の写真は、やする前と、蜜蝋を塗った後のもの。

IMG_0102

IMG_0110

日ごろから、アクセサリーをつけない私も、気付けば今も身につけてます。
自分で選んで、やすったということもありますが、
木の暖かさっていいですね。

IMG_0130

IMG_0127

IMG_0131

本日、参加していただいたみなさん

遠いところよりお越しいただいた駒野先生

本当にありがとうございました。

IMG_0135

ゴールデンウィークも終盤にさしかかった5月6日(土)に、ショップボットミニ体験ワークショップを実施しました!

前日に切り文字をつくるワークショップを実施し、今日はデスクオーガナイザー作りでした。

デスクオーガナイザーというと聞きなれませんが、机周りの収納に便利な小物入れです。

ペン・USB・名刺・クリップなどなど、社会人に必須のアイテムをまとめて収納する事ができます!

今回は3組の方に参加して頂きました。

 

ファブラボに来られるのが初めての方もいらっしゃったので、まずは簡単にファブラボの紹介。

IMG_9670

そしていよいよショップボットの見学。見学の前に注意事項とお願いについてご説明させて頂きました。

IMG_9677

ショップボットを見学する時は、必ずゴーグルを着用します。加工中に粉塵から目を保護するためと、ミルが折れてしまったときに折れたミルが目に刺さるのを防ぐためです。実際にこれで失明された方もいるそうです。

また、加工中は黄色いテープの内側に入ってはいけません。足は入っていなくても、体を乗り出して加工の様子を見るのも危ないので禁止です。

IMG_9680

以上を踏まえた上で、加工の様子を見学していきます。加工は全部で5分ほどです。

みなさんショップボットの動いている様子に興味深々でした!

IMG_9687 IMG_9702

加工が終わったら、インパクトを使って加工した板を外していきます。

IMG_9709

今回3×6板のMDF18mmから約10cm角のサイズを削ったのですが、それだけでも沢山粉がでます。

IMG_9711

切った直後は、このように部分的に繋がっているので、ノミとトンカチを使って外していきます。

IMG_9723

 

取り出したら、エアコンプレッサーを使って、残った粉を飛ばしていきます!

IMG_9729

そして、先ほど加工してできたものをやすりがけしていきます。

みなさんもくもくと、やすりがけの作業をされていました!

IMG_9768 IMG_9765 IMG_9766

エッジを落とすだけで、だいぶ手触りがよくなります。

みなさん思いのほか早くやすりを終えたので、スプレーで塗装しましたー

IMG_9780 IMG_9784

できあがった作品がこちら!

IMG_9785 IMG_9786

裏面も綺麗に塗装していて可愛いです!

IMG_9790

こちらは、シルバーのスプレーで塗装しています!ご自宅でも仕上げてくるそうです!

18275107_1373102629437943_8996746406353847371_n

 

こちらはオイルステインを塗っています!MDFの風合いを残しつつ良い感じです!

みなさん会社やご自宅でどのように使うのかな?と想像するだけでわくわくしますね!

今後も色々ワークショップを展開していく予定です。ご期待ください!

5月5日(金)に、ショップボットを使ったミニワークショップを行いました。

 

昨年末にファブラボ太宰府に新たに導入されたショップボット!

大型のCNCミリングマシンの1つで、大きいものや、厚いものを加工してくれる機械です。

4月よりファブラボ太宰府でお披露目されていましたが、このたび初めてのミニワークショップとして、

「切り文字飾りをつくろう」を実施しました。

 

□注意事項

ミニワークショップの最初は、注意事項とお願いから始まります。

ショップボットは、大きく厚いものを切れる優れものですが、

その分危険が伴います。

注意事項として、

○ゴーグルを着用する

○サンダル、ヒールでの入室禁止

○加工中の途中退室禁止

○携帯はマナーモードに設定する

○黄色い線の内側には入らない、覗き込まない

○機械本体に触らない、ボタンを押さない

が必須となりますので、ひとつひとつ丁寧に説明していきます。

IMG_9586

 

□切り出し

注意事項を守った上で、

いざショップボット、スタ――――――――ト!

誰よりも、私がいちばん緊張してます。。。。

IMG_9590

参加者の方より事前に伺っていたアルファベットが順番に切り出されます。

IMG_9594

みなさんきちんと黄色の線から2歩も3歩も下がった位置でショップボットを見つめています。

もちろん、注意事項を守っていただければカメラ撮影していただいて大丈夫です。

IMG_9593

 

□タグはずし

ショップボットの加工では、加工中に制作物が動かないように、

プラモデルのようにタグを設置します。

そのため、加工後はそのタグをのみではずします。

IMG_9601

IMG_9603

 

 

□やすりがけ

そのタグも含め、切り文字飾りの角や切削面などをやすりで削っていきます。

参加者の中には、切り文字を8個頼まれた方もいらっしゃり、

切り文字屋さんのごとく目の前は文字だらけ。。。

IMG_9615

また、データ作成段階でふと、

「F」って自立するのかなと思い、手元にあった「E」で実験しましたが

アルファベットの中で「F」だけ右に重心がよってるんですよね。

そこで、縦軸を他よりも少し太めにしてみました。

自立するかとても不安でしたが、無事立ってくれたようで。。。よかったです。

IMG_9607

 

 

□塗装

次は、塗料nuroを使った塗装です。

nuroは、簡単にぬれる!すぐに乾く!色がかわいい!などとっても使いやすい塗料です。

参加者の方たちは思い思い、自分の好きな色を塗っていきます。

白い文字に挟まれた黄色の「&」が目玉焼きみたいになったり。

IMG_9650

はみ出た部分をあえておしゃれに塗ったり。

IMG_9654

マスキングテープを使って斜めに塗ったり。

IMG_9635

 

切り文字も色を塗ることで、その方の家にあったものになっていきますね。

ワークショップ中に、切り文字にモスをはったら?という案がでて

ぜひ真似させていただきたいと思います。

 

そのほかにも、手でやすりを行いつつも、

お互いの話に花が咲いたり、とっても楽しいワークショップとなりました。

参加していたいただいた皆さん、ありがとうございました。